ギャルとは
ギャル(英語:gal)は、若い女性を意味するガール(girl)が訛った語で、日本では、活発な若い女性やピチピチした若い女性、今時の女性を意味する語。

1972年にラングラーよりGalsという女性用ジーンズが発売された時から広まった。一般的に1970年代当時、ニューファッションに身を包んだ女性の総称を指す。バブル景気時代には若い活発な女性を指す語葉として使われた。


解説

活発で「ギャルファッション」をした10代〜20代前半にかけての女性をいう。1990年代末期に、特にこうした女子高生や女子中学生を指してコギャルという語で呼ばれることが多かったが、現在ではこの世代の女性が嗜好を維持したまま大人になり(お姉系)、非女子高生も含め年代を問わず単にギャルと呼ばれるようになった。これに相当する男性はギャル男(ギャルお)やお兄系(おにいけい)と呼ばれる。

「egg」や「men's egg」「Cawaii!」(カワイイ!)といった雑誌が大きく影響を与えている。最近では、サークル(ギャルサーとも呼ばれる)を作って活動している者も多い。2000年代になると、中学生でも、最近は「Seventeen」(セブンティーン)や「Hanachu」(ハナチュー)などの雑誌が大きく影響を与え、女子中学生のギャルも急増している。

ギャルファッションの多様性と分類

コギャル

1990年代中期からの流行語。1993年頃からフライデーなどの媒体に記述が見られ始めるが、本格的に使われ出したのは1996年頃からである。茶髪、ないし明るいメッシュを入れた髪で制服に身を包み、ルーズソックスにローファーを履く。プリクラを愛用する。

年齢層では1980年代前半生まれの女性に相当する。1990年代末期には、既に高校を卒業したのに、制服を着て街にくりだす「なんちゃってコギャル」も存在した。当時はコギャルブームと言って良いほどの流行ぶりで、ワイドショーや週刊誌を初めとして、メディアでは女子中高生やコギャルの特集が連日連夜と行われ、「援助交際」などと絡めて、多様なコギャル像が構築されていた。しかし、2000年代に入ると、この「コギャル」という語はマスコミ媒体では殆ど聞かれなくなった。

語源については諸説あるが、本格的に使われ始めたのはディスコ・クラブにおいてである。エントランスチェックの黒服が、本来は深夜入場が不可な女子高校生を成人女性と区別するための隠語として、「格好はギャルだけど、未だ本物のギャルに成りきれていない、格好だけのギャル」から、「カッコ(格好)・ギャル」と呼ぶようになり、その「カッコギャル」が縮まって「コギャル」となったものである[要出典]。後に、マスメディアが「コギャル」の「コ」を「子」ないし「小」であると誤認した結果、マスメディア主導で生まれた派生語が、「中学生のギャル」を指すマゴギャル(孫ギャル)であるが、上記の通り、これは「コギャル」という語に対する完全なミスリードから生じた、全くの誤った用法である。高校生ギャルを略してコギャルとしたとする説もあり、実際に『クイズ!年の差なんて』(フジテレビ)のヤング問題で「コギャルは何の略?」という問題が出題されたとき、「高校生ギャル」を正解としていたことがある。


ヤマンバ

2000年代初期から中期まで流行。語源は山姥(やまうば、転訛してやまんば)。日本の民話で紹介される山姥が総じて白髪で手入れをしていない長髪であったことから由来する。ガングロの化粧に加えて髪の毛を脱色、または部分的な着色・脱色をしたメッシュを施し、乱れたように形作った髪形である。


マンバ

2003年から2010年現在まで継続しているギャルファッションの一つ。容姿はヤマンバが進化したもので顔の色は更に黒く、目の周りに白のアイラインを濃く幅広に引き、唇も白系のグロス等を塗る等といった化粧をしている。ファッションではパンツルックよりも極端に短いミニスカートを中心にコーディネートされており、それらは原色系や派手な柄ものといったものでまとめているのが特徴。バービー人形のようなマンバスタイルをバンバと呼ぶ。マンバに相当するファッションの男性をセンターGUYと呼んだ。


キグルミン

2004年限定で登場。ピカチュウなどの着ぐるみを身にまといビニールのショッピングバッグを手に渋谷センター街を徘徊している。


ビビンバ

ギャルファッションのひとつで未成年者を中心にマンバでかつB系の格好をしている。渋谷を中心に棲息し、一部ではギャルサーを作って活動している。


汚ギャル(おぎゃる)

何日も風呂に入らず下着も替えないような、不潔にしているギャルのこと。化粧も上塗りを繰り返すためマンバ以上に濃い。ショーツの中にナプキンをあてがっておいて、それを取り替える。家にあまり帰らず外泊を繰り返すことが多い。テレビのバラエティ番組『学校へ行こう!』において頻繁に取り上げられていた。


オネギャル

高校を卒業したギャルをさして、2000年頃によく使われた語だが、その後は単に「ギャル」または「お姉系」に移行した。全体的にシンプルにまとめるのが特徴的で、原色を中心にまとめているギャルとは見た目が全く違う。


age嬢、姫ロリ
age嬢(あげじょう)

ファッション雑誌『小悪魔ageha』が創刊した2006年から2010年現在まで継続するギャルファッションのひとつ。ヘアスタイルは盛り髪、巻き髪が基本。『小悪魔ageha』はキャバクラやクラブなど夜の仕事をするギャルをそのままモデルとして起用するという業界初の試みを行なった雑誌で、誌面に登場するモデルを「age嬢」と呼んだ。age嬢のセルフメイクや私服がティーンズを中心に人気を呼び、ひとつのファッションとして定着。以後、『生意気KiLaLa』、『姫スタイル』など類似ファッションを扱った雑誌が次々に創刊した。


姫ロリ

2007年〜2010年現在まで流行。上記のage嬢から分化して派生したスタイルでage嬢の一種。リボンやレースをあしらったロリータを似せたスタイル。アゲ嬢より巻きが多めのヘアスタイルでお伽話のお姫様をギャル化したような外見。メイクは化粧や、つけまつげで、垂れ目、または大きな目をとことん強調する。しかし、この姫ロリはロリータ愛好者の中では批判の対象となる場合が多い。


黒ギャル・白ギャル

日焼けサロンなどを利用して濃い肌色を維持しているのが「黒ギャル」、紫外線予防(UV化粧品)などに気を遣って薄い肌色を維持しているのが「白ギャル」である。当初、濃い色を好んでいたコギャルやヤマンバも、2000年頃から薄い肌色を好むオネギャルやage嬢などに分派していき、相対的に肌色で区分して総称するようになった。黒ギャルは主にL.A.ファッションと呼ばれるサーフ系ファッションで露出の多い開放的なファッションを好む傾向があり、白ギャルは主にL.A.セレブと呼ばれる落ち着いたお姉系ファッションを好む傾向がある。


外国人ギャル

2009年9月29日放送のフジテレビ「めざましテレビ」の特集「渋谷に外国人ギャル流行」や、2010年3月20日放送のNHK総合テレビジョン「東京カワイイ★TV」の特集「続々上陸!外国人ギャル軍団」などで、日本のギャル系ファッションがインターネットなどを通じて外国の若者たちから人気を集め、各国から実際に来日して渋谷でショッピングを楽しんでいる様子などが紹介された。身体的な特徴が似ているアジア系外国人ではなく、ヨーロッパ系外国人に流行していることが大きな特徴である。外人ギャルまたはGAIJINギャルなどとも書く。


なお、2010年1月14日放送のフジテレビ「めざましテレビ」の特集「英国ギャル渋谷道中」では、イギリスから初来日した一般人のギャルとギャル男の2名を、egg専属モデルのギャルユニット「ゆまち&愛奈」の2名が出迎えて渋谷を案内した。この様子はサンケイスポーツも取材しており、同社のウェブサイトで記事と写真を見ることができる。



(wikipedia引用)